2013年12月27日金曜日

iPhone5のバッテリーが死んでる件

私のiPhone5は予約して発売日に購入したので、かれこれ1年以上経過しています。
それでもまだ1年しか経過していないとも言えるのですが、バッテリーが完全に死んでます。
症状は、バッテリーの減りが以上に早く、1日使用することができない。
でもそれはまだいいんです。

問題は、バッテリー残量が50%残っているのに突然電池が切れて使用不可能になることです。

この前本当にビビったのは、まだ50%あるなーと思って充電せずそのままにしておいたのですが、そんなときに上司から電話がかかってきて電話を取って2秒後ぐらいに突然電池切れ。
急いで充電器に指しても1分くらい電源が入らないので本当に焦りました。
相手からしたら電話に出た瞬間突然切ったと思い、ものすごく不愉快だったと思います。
しかもそれが上司とか本当に笑えなかったです。

その後フォローをしてなんとかなりましたが、iPhoneにムカついたのは初めてかも知れません。
これを機にauショップで何とかしてくれと頼みましたが、「そんなの知らねーよ、うちじゃなくてアップルに聞けば?」と軽くあしらわれてしまいました。
(実際は口調だけは丁寧だったけど)
アップルケアでどうにかなるのかな?とも聞きましたが、「だから知らねーっつってんだろ?お宅が自分で勝手に聞けよ!」(口調は事実と異なります)
と言われてしまったので、最後に、
スマートパックって途中で解約しちゃうとアップルケアの修理代が自己負担になるらしいけど、私は途中解約してないか確認してもらってもいいですか?とも聞きました。その答えは・・・
「は?過去のことなんて知るかよ。そんなに知りたきゃauのサポートセンターにでも電話して聞けば?自分でな!!」(やっぱり口調だけはすごく丁寧ですよ?)
と、もはやまったく仕事をしてくれないauショップでした。


すべてサポートセンターに任せるんだったら店舗意味ないじゃん!
もはやショップっていらないんじゃない?
と友達に愚痴りながら帰宅しました。

そしてアップルのサポートセンターに電話して今の状況を伝えたら、親切そうなお兄さんが丁寧に診断してくれて、それは故障ですので無償で修理いたしますと言ってくださいました。
発送修理というか交換でも出来るらしいですが、家にいない時間の方が圧倒的に多いので、実店舗で交換してもらうようにしてもらい、後日直接出向いて修理を依頼します。

やっぱりアップルケアは入っておくべきですねー、入っていなければ有償修理で7800円取られますからね。
と言ってもapple care+は9800円かかるのでマイナスちゃマイナスですが、こんなにスムーズに対応してくれるのはアップルケアに入っているからこそですので、マイナスだとは思っていません。
電話サポートしてくれるのはアップルケアの会員だけというのはケチだという方もいらっしゃいますが、あんなに丁寧でものすごく教育を受けてきたんだなというのがよくわかるサポーターからサポートを受けられるんですから、有料でも十分に納得できちゃいます。
iPhone、iPod touch、macbookとmacにどんどん囲まれてきた私は気がつくと信者への道を進んできたようです。
でもそれだけすごいんだというのがよくわかりました。

今気がついてしまったんですが、今月の電話履歴で一番多いのがなんとappleでしたwww
まぁ友達とか彼女とかはlineが多いので仕方がないのかもしれませんが、これにはちょっと引きましたw

アップルは製品が独特ですが、サポートまでアップルらしさがありますね。もちろんいい意味で。
現在キャリアはau、docomo、SBの3社ですが、万が一アップルが参戦したら間違いなくアップルに変更するくらいにはアップルが好きみたいです。
皆さん、アップル製品を購入するならぜひアップルケアには加入しましょう。

そしてアップルからサポートを受けまくれば気がつけば信者です!w
ではまた次の記事で......

0 件のコメント:

コメントを投稿