2013年11月19日火曜日

エンコードについて

こんばんは、最近PCを買い替えて(作り替えて)、慣らしを兼ねてPCに負荷をかけることが日課となっています。
最初は負荷専用のソフトであるprime95を走らせていたのですが、ただただ重いだけの負荷を与えているだけなんてリソースがもったいないなーと思い始めてきました。

私は高校の時はPT2とcore2Quadを使用したハイエンドマシンを用いてエンコードをしてと言うか極めていたのですが、レコーダーを購入してからというもの一切エンコードをしなくなっていました。
エンコードと言ってもただのエンコードではなく、地上波の1440x1080iから1920x1080pにアップコンバータをしつつ、低容量高画質にすることが言ってみれば使命でした。

エンコードといえば高負荷ですよね?
私のPCの場合、超大量のフィルタを通し、2passハイクオリティモードでエンコードするため、24分のアニメをエンコードするためには4時間~6時間必要でした。
そのため、PCは24時間起動し、エンコード用のPCの他に、録画サーバーPCと動画編集用PCが必要というある意味廃人のような環境でした。

今回は、さすがにそこまではしませんが、手元にちょっとしたDVDがあるため、720x480i(正確には違う)を720x480pにし、様々なフィルターをかけて高画質にしてみます。
その過程だけをちょっとだけ紹介します。

まず使用するソフトはもちろんエンコード職人御用達のAviUtlです。
フリーソフトですが、極めて自由度が高く、使用するプラグインによってどんなエンコーダーにも化けることができる恐ろしいソフトです。
ただ、難易度が非常に高く、映像やエンコードに関して知識がなければ何も出来ないソフトになってしまいます。
人に聞かないと何も出来ないという方は手を出さないほうがいいでしょう。



今回エンコードする動画は、神のみぞ知るセカイのOP,EDを歌っているeyelisさんの初回限定盤に付属するDVDです。
DVDの中身はOP,EDのノンクレジット版です。

まずはオリジナルを見て行きましょう。




ぱっと見そのままでも画質は問題ないと思うかもしれませんね。(というよりもアスペクト比がおかしいほうが気になる・・・)
このままではわかりにくいので、拡大して見てみましょう。



ノイズが結構乗っているのが分かってくれると思います。
こういうノイズがDVDには大量に発生しています。
これにフィルターを通すとどうなるか?
わかりやすいように並べて見ました。

書いてある通り、左がフィルタをかけていない状態、右がフィルタを掛けた状態です。
まだ値を詰めていないので完璧ではありませんが、ノイズが圧倒的に減っていると思います。

ここで使用したフィルタは、ノイズ除去系3種類と、シャープ化系2種類と色調補正です。
フルHDだと結構重いフィルタが満載ですが、DVD程度であれば全然余裕でした。



さらに、ここまで来ると気になってしまうのが、ドットの大きさ。
720x480というサイズは、ブラウン管の頃は良かったのですが、現在のフルHDの画面で見てしまうと粗さが目立ってしまいます。
そのため、今回はこれらのフィルターに更に720pへとアップコンバータさせてしまうことにしましょう。


まずは何も考えずに1280x720へとリサイズしてみます。(ついでにアスペクト比も修正)

性能の良いリサイズ用のプラグインを使用したので、画像の粗さは全然目立たなくなりましたね。
ただ、この状態で例えばニコニコ動画に投稿しても、神画質なんてタグは到底付けられません
それはなぜかというと、720p化したことで粗さこそは目立たなくなりましたが、今度はすりガラス越しで見ているような霧がかったような、ボケた絵になっていると思います。
これじゃぁアップコンバートした意味が半減してしまいます。
というわけで、ちゃんとアプコンらしくフィルタをかけてみました。

上の画像よりもエッジがかかっているのがわかるでしょうか?
このままだと線が太いので、修正したいのですが、ずっと使っていたフィルタの名前を忘れてしまっているため、使用していません。(先が太くてちょっと気持ち悪い・・・)

さて、ここまでフィルタをかけてきましたが、最初のオリジナルと比較してみましょうか。
それがこちら。

アスペクト比と拡大サイズが違うのは目をつむってくださいw
単純に画質比較として見ていただけたらおそらくアプコン後のほうが綺麗と言っていただけると思います。
オリジナルのほうが綺麗だと思う方は、ごめんなさい、私の力不足です。
このままだとちょっとアンシャープマスクに頼りすぎている感があるので、あとで調整していきたいと思います。
しかも、まだ必要なフィルタが揃っていませんのでその辺りも集めたいと思います。



ここまでいかがでしたでしょうか、一応ニコ動で神画質と言って頂いていたエンコード職人の一人だったんですが、さすがにブランクがありすぎるのと、数年間培ってきたフィルターの値データやエンコード設定データが手元にないので正直全然うまく行きませんでした。
みなさんも、この世界に興味がある人は是非挑戦してみてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿