2013年11月23日土曜日

新型AtomはCore2Duo並の性能!?

こんばんは、最近寒くなってきて、学校かバイト以外では外に出たくないですねw

部屋にこもってパソコンいじっているだけで過ごしたいなーと思いますが、学校もバイトも忙しくて部屋にいる時間はほとんどありません。
そんな時に欲しくなるのは、そこでも持ち運べるようなパソコンですね。
どこでも運べると言ったらやっぱり7インチくらいでしょう。
9インチはちょっと大きいので、持ち運ぶには7インチがちょうどいいと思います。

私はすでに7インチのタブレットである、NEXUS7(2013)を所持しているのですが、やっぱりパソコンじゃないので、プログラムを書きたくても開発環境は入らないし、ゲームやりたくてもGooglePlayにあるアプリしか使えません。
やっぱり使い慣れたwindowsのゲームがやりたい!
そんな需要は結構あるらしく、各社x86系windows搭載タブレットを発売しています。


しかし、そこに搭載しているのはIntel Atomというマイクロプロセッサです。
私も今から3、4年位前にAtomを採用しているパソコンを購入したことがありますが、遅くて仕方がなく、使いものにならないという印象でした。
では今のAtomも使いものにならないんじゃないか?

いいえ、そんなことはないようです。
今回発売しているAtomはZ3740というものですが、これと今までのAtomは大きく異なり、GPU(グラフィック用プロセッサ)をPowerVRから、自社製に変え大きくパワーアップ。
そしてプロセス・ルールを22nmと微細化し、省電力になった分CPU数を二倍に増やし、クアッドコアになりました。
その結果、core2duoと同等の性能まで上りつめました。

passmarkという大手ベンチマークサイトによりますと、core2duoと同等どころか、同クロックであれば1.6倍の性能
同性能のcore2duoで比較すると、core2duo T7250 2.0GHzと同等みたいです。

このT7250はTDPが35Wですが、Z3740はなんと2W!!

これは衝撃ですねw
core2duoは当時省電力&高性能で有名でしたが、それでも17.5倍の開きがあるんです。
2Wってもはやそこら辺で売ってる単三電池で普通に動いちゃうくらい省電力です。
ちなみに、ちょっと古いパソコンの待機電力(シャットダウン時)は2W~5Wくらいと言われています。

 

つまり、このCPUだけならフルロード時(CPU使用率100%状態)でもパソコンの待機電力より電気を食ってないんですよ!!


フルロード時で2Wならアイドル時の消費電力って一体・・・・・・。
考えただけでワクワクしますねw
そんなワクワクを与えるだけの事ができるIntelに脱帽です。

ただ、私が買おうと思うまでには他の部分が至っていないというのは現状です。
現在出ているタブレットの多くが、CPUは先ほどまで説明したZ3740ですが、メモリが2GBしかなく、windowsとしてはかなり少ない部類です。
windowsRTであれば十分かもしれませんが、windowsのソフトの多くはメモリの大食いばかりなので、やはり4GBほしいです。
あと気に入らないのが、液晶です。
最近のタブレットの多くがフルHD以上の液晶を搭載しているのにもかかわらず、未だに1280x720を採用しています。
windowsは解像度こそ正義!というかのようにドットバイドットで大きさを決めていますので解像度がそのまま情報量に直結するんです。

私の理想は、
CPUはZ3740の上位にあたるZ3770
メモリはLPDDR3の4GB(デュアルチャンネル)
SSDはeMMCでいいので64GB以上
microSDソケット付き
液晶はIPSで1920x1080以上
AtypeUSB搭載
連続駆動時間10時間
といったところでしょうか。
これが4万円台なら迷わず買います。

ASUSさんwindows機もぜひ作ってください!

 




2 件のコメント:

  1. まぁ確かにcore2duoレベルは凄いかもしれないけれどクアルコムのスナップドラゴンやNVIDIAの新型SoC tegrak1はもっと凄いまだまだIntelも高性能なSoCを作れるはず!頑張れIntel

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。ARM系CPUはすごいですよね。特にコストパフォーマンスに関してはIntelにはちょっと敵わないです。このARM陣営がAMD64互換を出したらIntelはやばいかもしれないです。

    返信削除