2013年3月20日水曜日

超短編レビュー

身近にあるものや、ちょっと人柱気分で購入したものを、超簡単にレビューしていきたいと思います。

そして、栄えあるデビュー第一号はこれ




audio-technica製OFCスピーカーケーブル AT6157 です!

これはスピーカーケーブルとしてはエントリークラスのケーブルです。
ケーブルはとても扱いやすく、癖のないこれぞエントリークラスといったようなもの。
まず、ケーブルが比較的細いため、曲がり癖が起きにくい。
それでいて、OFC(高純度無酸素銅)のため、伝達ロスが少なく音を正確に伝えられる。

私はケーブルに関してはモンスター信者でしたが、金欠のため他のメーカーの偵察でもしてやろうという気分になり、人柱気分で購入してみました。
上で、比較的細いといいましたが、オーディオ機器に付属しているケーブルと比べるとこんなに差があります。




電線の太さは、付属のケーブルの+極と-極用の両方合わせてもAT6157の片方にも及びません。
細い方は、日立ケーブル製で、太さは20AWGです。
性能は、38Ω/kmつまりこのケーブルが1kmあれば38Ωの抵抗となるらしい。
そしてAT6157は、12.9Ω/kmです。
つまり約3倍流れやすいということですね。

では肝心の試聴テストをしてみます。
テスト用の機器は、ONKYO製FR-X7を使用しました。



スピーカーはD-N7SXを使用しました。



音源はPCから光デジタルケーブルで伝達。
音源のサンプリングレートは48kHz、サンプリングビットは16bit。






~試聴中~





先ほどの細いケーブルから変えると低音から高音まで何不自由なく出てくる感じがよく分かりました。
特にすごいと思うのは低音の量。
イコライザーで低音の量を増やしたのかな?と思うほどの変わりようでちょっと驚きました。
これが1mあたり300円なら、最初からつけてくれよと思わないでもないが、これは普通におすすめできます。
たかがケーブルだと思うのであれば、一度変えてみてもいいかもしれませんね。

評価が音なので文字と画像でしか伝えることができなので、ちょっと残念なのですが、1mあたり300円なので、是非是非試してみてください!!

では、短いですがAT6157のレビューでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿