2013年2月10日日曜日

メインPCが死んだ・・・・・・

その日、私の大切なPCが死にました。

製作したのは、1年と3ヶ月前。
スペックは、
CPU:core i7 2600k(OC仕様)
メモリ:DDR3 A-DATA製 8GBx4枚
GPU:NVidia GeForce GTX460
M/B:ASUS P8Z68-VPRO
SSD:メーカー忘れた(128GB)
HDD:日立製 2TBx2個 2.5TBx2個 3TBx2個 250GBx1個(バックアップ&緊急用) 

などなど、その他いろいろついてるけどそろそろめんどくさくなってきたので割愛。

HDDの数が多いのは、元録画機でもあったからです。
その後録画専用サーバーができたため、汎用機として使用していました。
画像を載せようとしたのですが、HDDなどドライブ系だけで20本以上の配線が通っているため結局中がよく見えないのでそれもまた割愛しました。(汚くて恥ずかしいというのが本音w)

そして、このPCは先週2月2日、突然命を落としました。

一応前触れはあったんです。
それは、SSDが認識しないことがあるというもの。
でもその原因はマザーボードのチップセットが原因でした。
SATA6.0のポートにSSDを接続すると突然認識しなくなり、ブルースクリーンするか起動しなくなってしまうのです。
ですので、SATA3.0のポートにつないだときはその症状はなく、SSDの命のともし火が消え入りつつあるなど考えもしませんでした。

でもそのときは突然訪れたのです。

BIOSが自動的にブート先を選び、システムが起動した。
それは、見慣れたWindows7。
でも、何もないWindows7。

なぜ?

そのOSは緊急用のOSだから。ドライバ以外には何も入っていないんだ。

緊急用のOS?

そう、何らかの障害によってメインOSが起動できなくなった時用に用意している領域。
そしてそれは本来起動してはいけない領域。
つまり、故障を示していた。
でもこのときはまだ、どうせチップセットがいかれたんだろうと楽観視していた。

メンテナンス用のSATA-USB変換ケーブルをさしてBIOSを確認。
でもそこにSSDは無かった。
徐々にことの重大さに焦る私。
この中にはいろんなデータが入っていたはずだ。
いや、バックアップは?
急いで緊急用OSからバックアップ領域にアクセスする。

あ、マザーボード変えてから全部消したんだった。
それからバックアップ取ろうと思ってまだしてない。

つまり↓

\(^o^)/オワタ


ええ、終わりましたとも。
128GB分すべてね。
おかげでゲームのセーブデータも通話の音声データもキャプチャーした動画データもすべて。

でもなんていうんでしょう。
妙にすがすがしい気分なのは何ででしょうね?
たぶん現実を受け入れられないからだと思いますw
今回学んだことは、

データは失ってからは遅すぎるってことですね。
あと、バックアップはやはり週一でとらなきゃいけないと思います。
できればメディア(BD-RE)に差分でバックアップを取るのが一番だと思います。

信頼性って、光系メディア>HDD>SSDなんですよねー。

そのメディアの中でも群を抜いて高信頼なのは磁気系メディアなんですけど、もう一般に使われてるのはないですから。(MOディスクとかね)

今、録画サーバーを使ってこれを書いてるんですけど、駄目ですね。
性能はそこまで悪くないんですよ?
信頼性重視のサーバーなのでSSDは無いし、CPUは2コア、メモリは8GB1枚という構成で、とにかく壊れる要因が少ないことに重きを置いたPCではありますが、実用に問題はないです。
でもね、遊び心が無いんです。このPCには。
だから、PCに触りたいと思わなくなってしまった。
私は基本的に実家に帰ったらまずPCを触っていたのですが、このPCは常時電源が入っているのに一切触りたいと思わない。

早くメインPCを修理したいけど、マザー&SSDを購入するお金はもはや無い。
なのでこれからはこの録画サーバーを使っていきたいと思います。
でも、このPCはやはりサーバーなので基本Skype起動しないと思います、セキュリティのためご理解ください。


次の記事はもうすこし明るい話題にしたいですね。
ではそのときまで。

0 件のコメント:

コメントを投稿