2013年1月22日火曜日

迷ってるときが一番楽しい

前の記事で、メガリ250Rを買うんだ!的なことを豪語していましたが、見送りという決断を下しました。
今回はその経緯を話すだけの回ですw

見た目は本当に大好きなメガリ250Rで、多少の不具合、故障なんて直せば良いんだ!と思っていました。
そして、やはり買う前にこの目で見てみたいと思い、県内で最大級の品揃えを誇るバイク屋に行ってきました。

実際見ると、凄くかっこいい!

いや、可愛い!!かな?

友人と共に行ったのですが、その友人もいいなぁと言っていました。
しばらく間近で舐めるように見ていたのですが、是非ここはエンジン音を聞きたい!と思い、店員に声をかけてショールームに入っているこのバイクを外まで持って行ってくれました。

さぁどんな音かな!?とwktkしながら待っていたのですが、エンジンがかからない・・・。
まぁでも予想はしていました。
だって店内に置かれてるんだもの。

バッテリーくらい上がるさw

ごめん、ちょっと待っててね~と店員さんに言われ、おとなしく待っていました。
バッテリー交換する作業なんて、普通のバイクなら1分あればできるだろうと思っていましたが、そんな常識がこのバイクには通用するはずがなかったのです!

性格にはかったわけではないですが、15分以上はかかったでしょう。
だってシート(タンデムも)もサイドカウルもタンクも(え!?)外さないと交換できない仕様なんです!
一人では手が足らなくなるとか、さすがにあり得ないな~と思いました。
若い店員さんも、バッテリー交換で二人掛かりとか普通はないよねwと笑っていました。
やっとバッテリー交換が終わり、エンジンがかかるのかと思ったら、中々かからない。
すると、中年の店員さんが変わり、このバイクは”儀式”が必要なんだと教えてくれました。

その儀式とは、エンジンをONにし、セルを回す→かからない→OFFにする→ONにしてセルを回す→エンジンがかかった!!

なんとまぁ。
暖気後でないと一度でエンジンはかからず、OFFにしてもう一度ONにしないとエンジンをかけることができないそうです。
それでも中々かからないし、キャブ車ですか?と聞きたくなるようなバイクです。
それでもマフラーから出るエキゾーストノードは結構興奮する音でした。
アイドリングから迫力があって、社外マフラーに交換する必要はないくらい。

どうぞ跨がってみてとのありがたいお言葉をいただいたので、跨いでふかしてみると、恐ろしい位の振動がwww

いや、噂以上の振動で本当にびっくりしました。
この振動は、マフラーがシート下から出ているのも関係してるんじゃないかと思います。
かっこいいけど、これはツーリング行ったらしばらく座ることができなくなりそう。
重量に関しては、NS-1と大して変わらないくらい軽い!
これは本当に驚いた。
車体は大きくないし、重くなる要因はないんだろうけど、250ってこんなに軽かったっけ?と疑問に思うくらいです。
普段のチョイノリでも楽なんじゃないでしょうか?

さて、この後店員さんと色々お話しし、このバイクについていろんな事を教えてくれました。
・不具合の多さ
・突然のエンジンストール
・パーツの少なさ
・雨に弱いこと
などなどいろんなためになるお話を聞きましたが、びっくりしたことが一つ。

・フレーム(正確に言うならスイングアーム)に水がたまる

これは本当にあったお話で、バイクのオーナーは全く気がつかなかったそうです。
たまたま違う不具合で修理に出されていたそうなのですが、相当分解し、スイングアームまで外して立てかけた所水がドバドバと流れてきたそうな。
これにはさすがに引きました。
スイングアームとはバイクにとって本当に重要な部品。
エンジンが壊れても動かないだけで死にはしないけど、スイングアームが腐って外れようものなら軽く死ねます。
店員さんにも引き留められ、結局メガリ250R購入は白紙となりました。

バイク屋さんがおすすめするのは、やはりと言うべきか、Ninja250。
でもNinja250は駄目なんです。

お金がないから?

そうですね。それもあります。
でもそれ以上に、一緒に来た友人がNinja250は俺が買うんだ!って言うんだものwww

そいつは1ヶ月前まではバイクに興味なかったんですよ?
私がバイクが如何に良いかを教えた結果がこれですよwww
いや、いいけどね。
一人でバイク乗ったってつまらないもの。
ツーリング仲間はいるけどさ、仲間は多いほど良い。
だからNinja250は譲りました。

でもそんなことでへこたれる私ではないです!
実は私の次の愛車候補はすでに決まっています!!

その名も、

CBR250RR






知る人ぞ知る名車です。
なんと年代は私と同じ20年前のバイクです。









このバイクの特徴はなんと言っても超高回転のエンジン。
通常のバイクはだいたい10000rpmくらいでレッドゾーンを迎えるのですが、このバイクはなんと20000rpmという化け物。
F1もだいたい20000rpm(最近はもっと低いかな?)

だから、マフラーを換えるとF1の音になってしまうくらいです。
私はこのバイクを一度レストアしたことがあって、その時に惚れ込んだんです。
それはCBR250R(MC17)なのですこし違うのですが、それの後継機です。
パーツは少ないし、高いし、ボロいし、燃費も悪い。
3拍子どころか4拍子そろっていますが、私は変態(褒め言葉)バイクが好きなので、もう気分はすでにオーナーですw
最近は本当にこのバイクの事ばかり考えて、どこを直そうか、どこを改造しようかとか、一緒にどこに出かけようかなど、考えているだけで楽しくなって夜も興奮して眠れなくて最近は寝不足気味ですw
今年はPCヲタは卒業して、バイクヲタに転職ですね。

ちなみにちなみに、
今回ももちろんやりますよ!!

なにをって?

痛車に決まってるじゃないですかwww

NS-1では事故によるパーツ破損で決行できなかった痛車計画ですが、今回は、今回こそはやります!!
NS-1のプチ痛車のときはハルヒ仕様でしたから今年はどうしましょう?
ここでコネクションをフル活用して、絵師さん(ガチの)に依頼というのもありですね。
それも後々考えていきましょう。

購入後の予定は、
修理(必要ならば)→メンテナンス(キャブは念入りにね)→電装系魔改造(電気系統は私の本領発揮です)→痛車作り

という感じで行きたいと思います。
電装系魔改造は、
・ヘッドライトのプロ目化(HID化含む)
・発電器巻き直し
・レギュレーター交換
・アーシング
・電子式水温計、油温計取り付け
・カメラ取り付け
・テールランプLED化(全自作)
・電源が余っていたら、ナビ、レーダー、ETC取り付け
・さらに場所と電源が余っていたら、オーディオ取り付け
などなど(順不同)
まだまだありますよ!

全部書くと大変なのでこれくらいにしておこうと思います。
たぶんETC付けたら父親から羨ましがられること必至ですねw
俺のにも付けろと言われそうですが、父のXJR1300(新車)をいじる度胸はないので丁重にお断りしましょうかね。

さて、バイトをしてお金を貯めよう!!

0 件のコメント:

コメントを投稿